外国人雇用福岡

外国人雇用#6(就労系在留資格)

外国人雇用#3(技術・人文知識・国際業務)」「外国人雇用#4(特定技能)」「外国人雇用#5(技能実習)」では、在留資格技術・人文知識・国際業務」「特定技能」「技能実習」について説明しました。

今回は、これらの在留資格のそれぞれの違いについて、見てみましょう。

 

主な就労系在留資格の違い 

それぞれの在留資格の違いについて、外国人を雇用したい企業にとって気になる主なものとしては、以下の項目が挙げられます。

学歴要件』『滞在期間』『家族の帯同』『職種制限

 

 

これらの項目に関してそれぞれの在留資格ごとにまとめると、下表のようになります。

 

 

 

 

 

 

技術・人文知識・国際業務
特定技能 技能実習

学歴要件

あり なし なし
滞在期間上限
なし 1号:5年

 

2号:なし

1号:1年

2号:2年

3号:2年

家族の帯同 可能 1号:不可2号:可能 不可
職種制限 なし※ただし、学歴や実務経験と関連性のある業務 14職種※2019年4月1日現在 1号:なし2号:82職種146作業

3号:74職種130作業

※2020年2月25日現在

 

 目的による「在留資格」の選び方

これまで就労系の各在留資格について説明をしましたが、滞在期間の上限家族と一緒に生活できることによるモチベーション向上などの長期的な観点から、在留資格技術・人文知識・国際業務」での受け入れを希望する企業が多いように感じます。

 

そこで、次回は「外国人雇用#2(外国人雇用の流れ)」でも書きましたが、「人選」について書いていきます。

関連記事

お問い合わせ

在留資格について知ろう

ページ上部へ戻る