外国人雇用福岡

ERFSにおける申請手続(受付済証)

水際対策強化に係る新たな措置(27)に基づいて、2022年3月1日午前0時より、外国人の新規入国制限の見直し(入国制限の緩和)が行われることとなりました。

ただし、入国者の上限を1日5,000人としているため、諸々の手続で混雑することが予想されます。

 

今回の緩和により、観光目的以外の以下の外国人の新規入国が認められます。

(1)商用・就労等の目的の短期間の滞在(3月以下)の新規入国

(2)長期間の滞在の新規入国

 

これらの外国人が新規入国を行う場合には、日本国内にいる受入責任者が、入国者健康確認システム(ERFS)における事前申請を完了し、「受付済証」の発行を受けることによって、「特段の事情」があるものとして新規入国が認められることとなります。

したがって、外国人が新規入国をするためにはERFSにおける「受付済証」(The certificate for completion of registration to the ERFS)の発行が必須となります。

 

○ERFSでの申請手続き○

 

①ERFS(入国者健康確認システム)にログインするためのID申請を行う

※IDとパスワードの発行に1~2日程度

※登録メールアドレスは原則としてフリーメールは認められません

ただし、例外的にフリーメールでも認められる場合があります。

 

②ERFSにログインし、入国者情報の登録を行い、事前申請を行う

 

③事前申請完了後すぐに受付済証が発行される

 

④受付済証をダウンロードし、入国者へ送信

これらの手続は第三者に依頼をして、代行により手続きを行うことが可能となっています。

 

⑤入国者が査証申請時に受付済証を提示

 

 これらのERFSでの手続は代行により行うことが可能です。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

 

ERFSでの手続きは、お気軽にご相談ください。(初回相談無料

tel-box2

✉メールでのお問い合わせはこちら✉

⇒法務顧問・外国人在留手続コンサルティングはこちら⇐

関連記事

お問い合わせ

在留資格について知ろう

ページ上部へ戻る