外国人雇用福岡

外国人にも労働関係法令が適用される?

従業員として雇用する場合、法律で定義する「労働者」に該当すれば国籍に関わらず労働関係法令が適用されます。そのため、外国人であっても「労働者」である限り、労働関係法令が適用されます。

労働関係法令には多くのものがありますが、主なものとして、労働基準法・労働組合法・労働安全衛生法・最低賃金法などがあります。


例えば、労働基準法では「労働者」を以下のように定義しています。

労働基準法 第9条

この法律で「労働者」とは、職業の種類を問わず、事業又は事務所(以下「事業」という。)に使用される者で、賃金を支払われるものをいう。



つまり、労働基準法においては、働いて給料をもらっていれば「労働者」であるとしています。

このようにそれぞれの労働関係法令で定義する「労働者」に該当する場合には、その労働関係法令は外国人であっても適用されます。

そのため、「労働者」に該当する場合には、最低賃金や残業などについても日本人と同様であることが必要となります。


在留資格Q&A に戻る
お問い合わせ
ページ上部へ戻る