外国人雇用福岡

外国人雇用の必要性

人手不足倒産

東京商工リサーチによると、2019年の人手不足関連倒産過去最多の426件となりました。

その内訳は、「後継者難型」(代表者や幹部役員の死亡、病気入院、引退)・「従業員退職型」(中核社員の独立、転職などの退職から事業継続に支障)・「求人難型」(人手確保が困難で事業継続に支障)・「人件費高騰型」(賃金等の人件費のコストアップから収益が悪化)の4つのケースに分類されます。「従業員退職型」・「求人難型」・「人件費高騰型」では年々増加傾向にあり、人手不足の影響が出ているものと考えられます。

東京商工リサーチ調べ

(出典:東京商工リサーチ)

 

人手不足による倒産を回避するには

そもそもの人手不足の原因は少子高齢化による労働力不足社員の定着率が低いことなどが考えられます。

これらの原因から考える対策としては、

①人手不足の解消

②生産性の向上

③事業規模の縮小

などが考えられます。

 

①人手不足の解消

少子高齢化による労働力不足の中で、人手不足の解消は厳しい部分もあります。そもそも労働力が不足しているため、考えられる人手不足解消の選択肢は限られてきます。

 

②生産性の向上

人手に頼らずに技術革新等を行い、生産性を向上させます。ただし、技術革新等を行うこととなるため、資金力が必要になってくるものと考えられます。

 

③事業規模の縮小

事業規模を縮小することで経費の削減が可能となり、経営状況の改善が考えられます。しかしながら、人手不足による倒産の危機が迫っている段階では既に人手が不足しているため、事業規模の縮小は無意味となる可能性もあります。

このようなことをふまえると、多くの企業の中での選択肢は「①人手不足の解消」になることが考えられます。

 

人手不足の解消

人手不足解消の限られた選択肢の一つとして、外国人の雇用が挙げられます。当然ながら、前提として人材が自社から流出することのないように労働環境の整備等を行っている魅力的な企業であることが必要となります。

外国人の雇用に関しては、日本政府も入管法の改正による新たな在留資格の創設外国人労働者の労働・社会環境整備などに取り組んでおり、国として対策を取っているところです。

 

外国人の雇用

外国人の雇用については、活動内容によって在留資格が決められており、該当する在留資格を得たうえで日本において働くことが可能となります。これは外国人特有の手続きと言えます。

このように外国人が日本で労働するためには、特殊な手続きが必要となるため、これらの手続きを外注するということになるとその費用もかかることになります。

長期的な視点でみると、根幹となる経営を継続していくために、これらのコストを考慮したとしても外国人を雇用するメリットはあるのではないかと考えられます。

 

外国人の雇用は、お気軽にご相談ください。(初回相談無料

092-332-25128002000

お問い合わせ

在留資格について知ろう

ページ上部へ戻る