外国人雇用福岡

ベトナム人の在留資格

〇ベトナム人の主な在留資格別の推移

在留資格推移 ベトナム

(「出入国在留管理庁ホームページ」参照)

 

ベトナム人は在留外国人の中で2番目に多く、2020年末現在では448,053人が日本に在留しています。

主な在留資格別では、技能実習、留学、技術・人文知識・国際業務、特定活動、家族滞在、永住者、定住者、日本人の配偶者等の順に多くなっています。

ほとんどの在留資格で増加傾向にあり、特に在留資格「技術・人文知識・国際業務」・在留資格「技能実習」では顕著に増加しているのが分かります。

 

 

〇今後の動向

ベトナム人推移

(「出入国在留管理庁ホームページ」参照)

 

日本に在留するベトナム人年々増加してきており、特に在留資格「技術・人文知識・国際業務」・在留資格「技能実習」では顕著に増加しています。

在留資格「技能実習」の増加については、中国人の技能実習生が減少傾向にあることから、その穴を埋めるようにインドネシア人とともにベトナム人の技能実習生が増加傾向にあるのではないかと考えられます。

在留資格「技術・人文知識・国際業務」の増加については、日本企業のベトナム進出が増えたこと・日本への留学生が増えたことなどが理由として考えられます。

これらのことから、今後も在留資格「技術・人文知識・国際業務」・在留資格「技能実習」が増加し、それに伴って在留資格「家族滞在」や在留資格「日本人の配偶者等」が増加すると考えられます。

 

ベトナム人の雇用という観点からは、その協調性や勤勉さが日本企業に相性が良いと感じることが多いようです。その反面、漢字や日本語に馴染みがないことなどからコミュニケーションが取りづらい場合もあるようです。

ベトナム人に限らず、育った環境や社会環境・歴史的背景・文化・価値観を考慮して多様性を尊重することで、良好な雇用関係が実現できるように思います。

 

新型コロナウイルス感染症の影響により、ウィズコロナの働き方として、企業ではテレワークDXの推進AIの活用などが行われてきており、グローバリゼーションが一時的に抑制されています。

アフターコロナの世界では、以前と同じような働き方に戻ることは難しいかもしれません。ウィズコロナの世界で見えてきた利便性を活用した働き方に変化し、それに伴ってヒト・モノ・カネの移動も変化していくものと考えられます。アフターコロナの世界においても、自国内だけで経済を完結させることは非常に困難であり、変化を遂げた形でグローバリゼーションも回復するのではないかと思われます。

 
こんなお悩みはありませんか?

外国人を雇いたいが何から始めていいか分からない

専門学校を卒業した外国人を雇用したい

大学を卒業した外国人を雇用したい

転職した外国人従業員のビザ更新手続が分からない

海外にいる外国人を従業員として雇いたい

・出入国在留管理局に行く時間がない

・在留資格の手続きが複雑で分からない

・在留資格に関する申請をしたが不許可(不交付)になった

在留資格申請は面倒で時間がかかり、不許可の可能性も・・・

出入国在留管理局には、在留資格や手続きに応じて多くの書類を提出する必要があり、書類作成のための資料を集めるだけでも時間と労力がかかります。また、書類の不備や不足があればその度に出入国在留管理局とのやり取りを行わなければなりません。さらに、必要な書類を揃えて申請しても、不許可となるケースもあり、専門的な知識がなければ何か月も無駄にしてしまうこともあります。

 

ぜひ在留資格申請専門の行政書士にお任せください

point8_3s申請取次を行いますので、御社が出入国在留管理局に行く必要はありません
※福岡出入国在留管理局は九州全域を管轄しています。

point8_3s出入国在留管理局とのやり取りをプロに任せられます。

point8_3s在留手続をプロに任せることで、御社は本業に専念できます。

point8_3s外国人を雇用するにあたって御社で行うべきことが明確になります。

point8_3s豊富な経験に基づく確かなアドバイスが受けられます。

point8_3s初回相談・御見積は無料ですので、安心してご依頼いただけます。

 

ベトナム人の就労ビザ申請は、お気軽にご相談ください。(初回相談無料

092-332-25128002000

✉メールでのお問い合わせはこちら✉

⇒法務顧問・外国人在留手続コンサルティングはこちら⇐

関連記事

お問い合わせ

在留資格について知ろう

ページ上部へ戻る