外国人雇用福岡

技能実習制度とは?

技能実習制度とは、日本がこれまで培ってきた技能・技術・知識等について開発途上国への移転を図り、開発途上国における経済発展のための人材育成に寄与する制度です。

技能実習制度を通じて日本企業で技能実習を終了した外国人は、原則として本国に帰国し、身に付けた技能・技術・知識等を経済発展のために活用することとなります。

技能実習生の受け入れに際して、受け入れた外国人は法令の保護が受けられます。

つまり、最低賃金や残業などの労働関係法令が適用されるということです。これは、技能実習の1年目の講習終了後より受け入れ企業等との雇用契約に基づき適用されるということです。


技能実習制度を利用して、自社に外国人を受け入れる場合は、「技能実習」という在留資格で日本に在留し、自社で勤務してもらうことになります。

技能実習については、複雑な部分が多いので、ご検討されている方は是非お気軽にご連絡ください。


在留資格Q&A に戻る
お問い合わせ
ページ上部へ戻る