外国人雇用福岡

「在留カード」「特別永住者証明書」の偽変造防止対策

日本に中長期間在留する外国人には「在留カード」、特別永住者の方には「特別永住者証明書」が交付されます。

これらの「在留カード」や「特別永住者証明書」は、日本に適法に在留することができる者を証明する「証明書」とも言えます。

 

これらの「在留カード」や「特別永住者証明書」の内容によって、本来許可されていない就労ができるなどの理由から在留カードが偽造される事案が増加しています。

そこで、「在留カード」や「特別永住者証明書」には偽変造防止のために以下のような対策が取られています。

・在留カードを傾けると「MOJ」の絵柄がピンク色からグリーン色に変化する

・在留カードを傾けるとホログラムが3Dのように動く

・在留カードを傾けると左端がグリーンからピンク色に変化する

・在留カードを見る角度を変えると「MOJ」の文字の白黒が反転する

・在留カードの表面から光を当てると裏面に「MOJMOJ・・・」の透かし文字が見える

 

出入国在留管理庁では、在留カード等の有効性の確認のために「在留カード等番号失効情報照会」というサイトでは、カード番号が失効していないかの確認ができます。

ただ、最近の在留カード等の偽変造では、有効な在留カード番号を使って偽変造在留カードが作られていることが多く、「在留カード等番号失効情報照会」だけではなく、現物の在留カードで確認することも重要です。

 

在留カードの偽変造防止

(「出入国在留管理庁ホームページ」より)

 

外国人ビザ情報は、お気軽にご相談ください。(初回相談無料

tel-box2

✉メールでのお問い合わせはこちら✉

⇒法務顧問・外国人在留手続コンサルティングはこちら⇐

関連記事

お問い合わせ

在留資格について知ろう

ページ上部へ戻る