外国人雇用福岡

入国拒否の指定の解除(2022年4月8日現在)

これまでは多くの国・地域において、上陸申請日前14日以内に滞在歴のある外国人については「特段の事情」がない限り、上陸拒否をすることとされていました。

このような中で、新型コロナウイルス感染症拡大の状況から判断して、アメリカ、イギリス、インド、ネパール、パキスタン、フィリピン、イタリア、オランダ、フランス、ドイツなどの106か国・地域の上陸拒否の指定が2022年4月8日から解除されました。

 

しかしながら、2022年4月8日現在、全世界を対象に査証発給の制限は継続しており、原則として「特段の事情」(上陸拒否対象地域からの入国)又は「特段の事情と同様の事情」(上陸拒否対象地域以外からの入国)がある場合にのみ査証が発給されることとなっています。

 

査証(ビザ)免除措置が停止している状況では、日本へ入国するためには事前の査証(ビザ)申請が必要となり、「特段の事情」又は「特段の事情と同様の事情」がない限り査証(ビザ)が発給されないため、上陸拒否の指定が解除されたとしても、依然として来日は難しくなっています。

 

観光での来日も認められておらず、国際往来の本格化にはまだまだ時間がかかりそうです。

 

新型コロナウイルス感染症関連ビザ情報は、お気軽にご相談ください。(初回相談無料

tel-box2

✉メールでのお問い合わせはこちら✉

⇒法務顧問・外国人在留手続コンサルティングはこちら⇐

関連記事

お問い合わせ

在留資格について知ろう

ページ上部へ戻る