外国人雇用福岡

事業計画書とは?

新規事業を始める場合などには事業計画書を作成することになるかと思います。

この事業計画書は、新規事業で外国人を雇用する場合にも重要な立証資料となります。

なぜ重要かと言うと、事業の安定性・継続性が必要とされるからです。つまり、この事業計画書によって、自分の事業の安定性・継続性を入国管理局に対して立証しなければならないということになります。

事業計画書とは、文字通り、「事業の計画書する書類」のことです。内容としては、事業目的・事業概要・経営方針・経営戦略・財務計画などを記載することになります。

より具体的には、ビジョン・目標・コンセプト・ターゲット・自社の強み・競合との差別化戦略・貸借対照表・損益計算書等々です。

このような内容でしっかりと計画を立てることで、事業の安定性・継続性を立証することが必要です。


在留資格Q&A に戻る
お問い合わせ
ページ上部へ戻る