外国人雇用福岡

高度人材ポイント制

高度外国人材に対しては、受入れ促進のため、高度人材ポイント制を活用した制度があります。

高度人材ポイント制とは?

高度外国人材の3つの分類

高度学術研究活動」:在留資格「高度専門職1号イ
日本の公私の機関との契約に基づいて行う研究研究の指導又は教育をする活動
高度専門・技術活動」:在留資格「高度専門職1号ロ
日本の公私の機関との契約に基づいて行う自然科学又は人文科学の分野に属する知識又は技術を要する業務に従事する活動
高度経営・管理活動」:在留資格「高度専門職1号ハ
日本の公私の機関において事業の経営を行い又は管理に従事する活動

 

特性に応じたポイント計算

高度外国人材の3つの分類に応じて「学歴」「職歴」「年収」「年齢」などのポイントを計算し、ポイントの合計が70点以上に達した場合に、出入国在留管理上の優遇措置が付与され、高度外国人材(在留資格「高度専門職」)となることができます。

 

ポイント計算におけるボーナス加点

高度外国人材の3つの分類に応じて、「学歴」「職歴」「年収」「年齢」等以外にもボーナスとして加点されます。
例えば、
日本語能力試験N1保持者:15点
日本語能力試験N2保持者:10点(※N1保持者は加点されません)
世界大学ランキングの加点対象の大学を卒業した方:10点
などがあります。

ポイント計算については、これまで何度も見直しが行われています
現在のポイント計算では、一部の外国人しか達成できないような内容ではなく、比較的ハードルは低くなってきていると思われます。

 

在留資格「高度専門職」については、お気軽にご相談ください。(初回相談無料

092-332-25128002000

関連記事

お問い合わせ

在留資格について知ろう

ページ上部へ戻る